トップページ

太陽光パネルの洗浄・点検サポート
太陽光発電に関する20年分の安心と安全をサポートいたします。


1.【みなし認定=事業計画認定】へ、手続きはお済みですか??
2.定期報告の提出はお済ですか?
3.野立ての場合、標識と柵や塀の設置はお済ですか?
3.メンテナンスの必要性
4.金額
6.問い合わせ

1.みなし認定=事業計画認定へ手続きはお済みですか?

  • 2017年4月1日より、改正FIT法が施行されました。
    これにより、再生可能エネルギーによる電気の販売を行う業者は設備認定(事業計画認定)の取得方法が変更となりました。
    2017年3月31日までに旧FIT法の設備認定を取得していて、2016年8月1日以降に電力会社と接続契約を締結している事業者も、あらためて事業計画書を2017年9月30日までに提出する義務が発生しています。
    すでに事業計画書提出の期限は過ぎています。

    提出していなければ、認定を取り消されてしまう可能性があります。

2.定期報告の提出はお済ですか?

  • 改正FIT法では、制度で「設備認定」だったものが「事業計画認定」へと変わりました。
    これにより事業計画書を提出する義務が発生したのですが、旧制度との大きな違いは
    「保守点検および維持計画」「撤去計画」の提出が義務づけられた点です。
    再生エネルギーによる発電設備を設置する事業者が、きちんと保守・点検および維持管理を行い、設備を長期的に利用できるように努めることを義務づけています。

    資源エネルギー庁が公開した 「事業計画策定ガイドライン(pdf)」 では民間のガイドラインと同等以上の内容と頻度で実施するよう求めています。

    太陽光発電設備に係る定期報告の提出について
    電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則第5条第1項第6号及び第7号において、認定を受けた発電設備の設置に要した費用の報告(以下「設置費用報告」という。)及び認定発電設備の年間の運転に要した費用の報告(以下「運転費用報告」という。)を経済産業大臣宛に行うことが、認定基準として義務付けられています。

    改正FIT法に変わり、2018年7月23日資源エネルギー庁よりHP上で
    定期報告に関するお知らせ【注意喚起】が出ました。
    これによると、
    ●設置費用報告書
    (発電設備が運転開始した日から1ヶ月以内)
    ●運転費用報告書
    (発電設備が運転開始した月の翌月末までに毎年1回)
    2018年8月10日までに、ご提出頂かない場合は、経済産業大臣による
    指導の対象となるほか、
    認定が取り消しの対象となる可能性があります。と書いてあります。

    次に2018年8月 経済産業省より以下のような封書で【指導】内容が届きました。
    これによると、平成30年8月10日時点において該等発電設備の設置に要した費用に関する情報等が経済産業大臣に提出されておりません。平成30年9月20日までに所定の形式により報告を行ってください。報告がされない場合、法第15条の規定に基づき
    認定を取り消すことがありますので、御留意ください。と書いてあります。

    経済産業省のHP上で注意喚起を行い、それでも、提出されない場合は封書にて指導を行っています。
    簡単に言うと、提出しない場合は、
    認定を取り消す=売電契約を取り消す=売電できない
    ということです。

    昨年度は、定期報告の中の「設置費用報告書」に関しての、指導が行われました。
    ということは、「運転費用報告」に関しての、指導も近々行われる!と予想ができます。


3.野立ての場合、標識と柵や塀の設置はお済ですか?

  • 2018年11月8日に資源エネルギー庁から、標識・柵に関して注意喚起が発表されました。
    標識や柵塀等を適切に設置していないと認められる場合は、FIT法第12条に基づき指導を行います。また、指導後に改善されない場合には、改善命令や認定取り消しの対象となる可能性があることにご注意ください。と書いてあります。

    まだ標識も柵も塀も取り付けてない!という方はお気軽にご相談ください。


3.メンテナンスの必要性

  • ●運転費用の報告書の中に
    「保守、保安、セキュリティ、メンテナンス に関する費用について記載してください」という欄があります。
    これは、電気点検、パネル洗浄、草刈り、遠隔管理システム 等が該当となります。
    ですので、年次電気点検、パネル洗浄等は、太陽光発電所を運転していく上で必要となります。

    20年間確実に売電ができるように、定期報告書は必ず提出いたしましょう!


4.金額

  • ◆定期報告書提出お手伝い
    設置費用報告書提出
    (発電設備が運転開始した日から1ヶ月以内)
       お手伝い費→3万円(税抜)
  • *今からでも間に合います、お手伝いいたします!

    運転費用報告書提出
    (発電設備が運転開始した月の翌月末までに毎年1回)
       お手伝い費→毎回提出毎に3万円(税抜)
  • *今からでも間に合います、お手伝いいたします!

  • こちらの業務はログインIDとPWをお聞きすることになります。お気軽にご相談ください。

    ログインID?PW?わからない!!そんな方は下記をごらんください。
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  • ◆設置者ログインID・PW再発行お手伝い
    設置者ログインID・PW再発行の手続きには様々な書類を提出しなくてはなりません。
    そのような大変な作業をお手伝いさせていただきます。

    設置者ログインID・PW再発行お手伝い費→1設備ID毎に100,000円

  • ◆電気点検料金
    【基本料金】 29,800円(事前打ち合わせ、現場確認、報告書作成代 等)
    【電気点検価格】パワコン 15,000円/台
      ※電気点検オプション IVカーブ測定 10,000円/台
    【別途オプション】
    ・高所作業車 20,000円/回
    ・交通費(往復)
      郡山市内  5,000円/回
      福島市   9,000円/回
      白河市   9,000円/回
      いわき市  17,000円/回
      会津若松市 10,000円/回
    ※パワコン設置場所などの作業現状により料金が変わる場合があります。

  • ◆パネル洗浄料金
    【基本料金】 29,800円(事前打ち合わせ、現場確認、報告書作成代 等)
    【パネル洗浄価格】
         1枚~300枚  350円
       301枚~500枚  300円
       501枚~1000枚 250円
      1001枚~      200円
    【別途オプション】
    ・高所作業車 20,000円/回
    ・交通費(往復)
      郡山市内  5,000円/回
      福島市   9,000円/回
      白河市   9,000円/回
      いわき市  17,000円/回
      会津若松市 10,000円/回
    ※洗浄現場が斜面など作業現状により、料金が変わる場合があります。

  • ◆草刈り料金
    【基本料金】 29,800円(事前打ち合わせ、現場確認、報告書作成代 等)
    【草刈り料金】 面積×60円/㎡ 目安
    【別途オプション】
     ・交通費(往復)
       郡山市内 5,000円/回
       福島市  9,000円/回
       白河市  9,000円/回
       いわき市 17,000円/回
       会津若松 10,000円/回 
     ・作業日数100kWまで1日(作業人数2名)
    ※下見にて土地の大きさ、草の量により料金が変わる場合があります。

 

 

弊社も会員になっております「NPO法人ふくしま再生可能エネルギー普及促進センター」にて
特定非利益活動法人郡山のびのび福祉会様に太陽光パネルを寄付させて頂きました。

 



保有資格一例

 


7.お問い合わせ

福島パルス株式会社

お電話でのお問い合わせはこちら
024-959-2316
福島さやか宛

FAX 024-959-2342

メールでのお問い合わせはこちら
f-pulse-taiyoukou@gaea.ocn.ne.jp
福島さやか宛

会社概要
社名 福島パルス株式会社
本社 福島県郡山市喜久田町字菖蒲池1番地1
役員 代表取締役 福島正則
取締役 福島ひろえ
取締役 福島さやか
創業 昭和42年9月
設立 昭和43年11月
資本金 10,000,000円
取引銀行 郡山信用金庫卸町支店